費用をかけてでも任意整理を依頼する理由!深い法的知識で事案を処理

個人でも和解可能だが

男性

交渉力のある弁護士事務所

延滞している日数が長期に渡っており、なかなか返済をしてないと逆に債権者側から和解提案書と呼ばれる書類が自宅に送られてくることがあります。その内容とは、延滞して利息が積み重なって返済ができそうにもないから、今後の金利を0%にしますから、元金の返済で和解しませんかといった内容です。本来出れば、弁護士に頼んで任意整理をしないと応じてくれないようことですが、費用をかけずに任意整理ができてしまうということになります。費用がかからず利息をカットして返済ができるので、一見いいようにも思えますが、減額についても何も触れていないのです。つまり、過払い金があるかもしれないのにそのまま和解に応じてしまうと、もっと減額できてから返済をすることができたかもしれないのです。延滞をして何の連絡をしていないのは悪いことですが、まずは返済が困難であれば弁護士に相談をすることです。個人でも任意整理は減額交渉できますが、個人だと債権者である金融業者は交渉になかなか応じてくれないというデメリットがあります。それに取引期間が短いにも関わらず任意整理で交渉をしようとすると過払いも発生してませんから要求が通りにくいです。ここは費用はかかりますが、債務整理に強い弁護士に頼むのが一番です。強い弁護士を探すには、どれだけ債務整理の経験があるかノウハウがあるか、探すポイントとしては相談費用無料、全国対応しているといったがポイントとなります。