費用をかけてでも任意整理を依頼する理由!深い法的知識で事案を処理

過払金の返還とは

六法全書

払いすぎたお金が戻る

任意整理の手法の一つとして、過払い金の返還請求があります。これは、過去に払いすぎたお金がある場合にその返還を求めるものです。かつての貸金業者は、罰則規定がなかったために一般的にグレーゾーン金利による貸し付けを行っていましたが、判例でこれは否定されました。その結果、グレーゾーン金利による支払い分は利息制限法の上限金利に引き直して元本に充当して計算できるようになりました。つまり、この再計算によって元本がゼロになって、なおかつ余剰分の支払いがあれば過払い金の返還請求をすることができます。仮に元本全てに充当できなくても、充当された分の元本は債務が減るので、任意整理の手法として有効です。過払い金の返還請求は自分でも行うことはできますが、再計算をしなければならなかったり業者に書類を送ったりしなければならなかったりと、とても面倒な作業が必要になります。任意整理を扱う弁護士や司法書士に依頼すれば、面倒な手続きはすべて代行してもらうことができるので、そちらを利用する人の方が多いでしょう。依頼するには費用がかかりますが、任意整理の内で過払い金の返還請求に限って言えば、着手金を無料で請け負っているケースが多いです。これは、その分の費用を成功報酬から回収できる見込みが高いからです。過払い金の返還は、裁判になったとしてもきちんと主張立証さえすれば固まった判例があるので確実に勝てます。そのため、その他のケースと違って成功報酬で費用を回収しても利益を上げることができます。したがって、現在手元にお金がない方も、このような取り組みをしている士業を選べば初期費用のことは気にしなくても良いです。